2014年11月29日土曜日

セキュリティ・コンプライアンス・モニタリング製品販売開始

セキュリティ設定共通化手順SCAP対応のセキュリティ・コンプライアンス・モニタリング製品を販売開始


サイバー攻撃のグローバル化が深刻な問題となるなか、米国では情報セキュリティ対策の自動化と標準化を目指したSCAP(Security Content Automation Protocol:セキュリティ設定共通化手順)の開発が行われ、政府主導で関連ITシステムへの同プロトコルの対応したセキュリティ・コンプライアンス・モニタリングの自動化が推進されています。
日本でもITシステムへのセキュリティとコンプライアンスの自動化対策が必要となることが予測されることを受け、日本サイトラインシステムズではいち早くSCAP対応製品である「EDM4.0」の国内での提供を開始する運びとなりました。

リアルタイム・パフォーマンス・モニタリング分野において実績のあるEDMの最新版となる「EDM4.0」は、新モジュール「SightLine ACE」の追加により、従来のリアルタイム・パフォーマンス・モニタリングにセキュリティ・コンプライアンス・モニタリングを統合することが可能となりました。

プレスリリース

セキュリティ設定共通化手順SCAP対応モジュール
SightLine ACE 概要

EDM 4.0


スキャンしたハードウェア資産情報とソフトウェアの資産情報


---