2015年10月27日火曜日

パフォーマンス・モニタリング(2/2)

Performance Monitoring(パフォーマンス・モニタリング)


SightLineがビジネス・サービスのコントロールに提供する7つの方法


一般的なITシステムの監視ツールはパフォーマンス問題をハイライトすることができます。しかし、根本問題分析(RCA)を実現することは困難です。ITシステム環境に問題が発生した場合、優秀なエンジニアが数日から数週間かけて問題の原因を特定します。根本原因の特定が長引いた分、企業は時間とコストを浪費します。また根本原因が不明の状態で、早く問題解決を行おうとし、単純にサーバーやストレージのリソース増強を行いますが、残念ながらキャパシティだけが根本問題ではないことが判明してしまいます。

1. 複数プラットフォーム間を横断するパフォーマンス分析 


手作業で、複数ソースからデータを抽出し複数ログファイルを目視確認しながら分析することは、決して効率的な方法ではありません。
SightLineは、ITシステム環境全体像に着目した俯瞰図(バードビュー)を提供します。Microsoft®Windows®、UNIX®、Linux®、Stratus VOS、HP® OpenVMS、Unisys®ClearPath®などを含む様々なプラットフォーム・システムのパフォーマンス分析とリアルタイムな根本問題分析(RCA: ルート・コーズ・アナリシス)を可能とします。また、SightLineソフトウェアはOracle®、Microsoft SQL ServerとMicrosoft Exchange等の、データベース、ミドルウェア、ストレージ、ネットワークのパフォーマンスをモニタリングすることが可能です。

2. 仮想化環境とクラウドのモニタリング


物理サーバー、ハイパーバイザー、仮想マシン、クラウド、それぞれの環境がどのように相互作用しているのか、全て理解する必要があります。VMware®、MicrosoftまたはCitrix®仮想化環境と物理的なインフラストラクチャを相関分析させるためにSightLine Performance Suite のリアルタイム・メトリクスを活用利用することができます。

3.ビジネスに影響がおよぼす以前にボトルネックをコントロール


SightLineの分析機能は、クロス・プラットフォーム間のパフォーマンス・データを関連付けて分析することができるため、アプリケーション・プロセスとスレッド・レベルまでにわたり、どのような事象が発生しているのかを可視化/分析することが可能です。
ITチームは、ITシステム環境の問題発生やサービスに影響をおよぼす可能性がある事象の予兆検知しアラートを得ることが可能です。
その結果、パフォーマンスの不具合がビジネスのサービス提供と収益の流れを乱す前に対策を行うことが可能となります。

4. プロアクティブな予測計画でコスト削減


SightLineの分析機能は、長期間をかけてパフォーマンス・トレンドに着目することにより、将来のITシステム・リソースのキャパシティを正確に予測することが可能です。予測により事実を得るのは簡単で、リスクヘッジの保険のために、効果が不明確な対策を行う必要はありません。
キャパシティ不足が判明していることで驚く必要はありません。キャパシティ不足を事前に、
予兆検知できたことにより、サービスレベルを安全確実に提供し、最も効率的構成を事前に計画/準備することが可能となります。What-if分析はピーク・ワークロードの効果、構成変更や新しいサービス追加の必要性を予測可能にします。また、サーバー統合を実施する前に、影響を予測するためにSightLine Performance Suiteを使用することにより、正しく的確な構成とリソースに従ったサーバー統合を行うことができます。

5. チームの生産性向上


SightLine Performance Suiteを活用利用すると、フォレンジック分析とパフォーマンス・レポートに必要な、数100時間の作業工数を短縮することが期待できます。
Webブラウザ・インタフェースおよびMicrosoft Windowsクライアントが、リアルタイムに全プラットフォームに関するパフォーマンス・データをグラフィカルにビュー表示します。
さらに重要な情報を見たい時には、関連情報や詳細情報へのドリルダウンや期間特定のためにクリックすることにより確認することができます。
SightLineソフトウェアは、顧客が既に使用している監視ツールと連携し、より高度なエンタープライズ・モニタリングの役割を提供することができます。

6. ポリシー適用とコンプライアンス維持


多くの企業や組織には、様々なデータ保存ポリシーが存在します。
SightLineではポリシーや規制に従う為に必要なデータを簡単に保存/維持することができます。
統合ポリシー・マネジメント・データベース(PMDB)は必要な情報を保持するための準備とデータバックアップの自動化や要約を可能にします。シンプルなデータ・プロファイルの構成を設定することにより、データ保存ルールを明確にすることが可能です。

7. 明確かつ適切な評価レポート


企業や組織のスタッフのなかでアクセスを許可されたメンバーは、主要なメトリクス上のレポートを許可された範囲で取得したりカスタマイズすることができます。
カスタム・レポート設定を行い、レポートを自動的にWebブラウザに提供し、E-Mail等を利用して、簡単に配布することができます。企業や組織の意思決定者に対して、ITシステムが提供するビジネス価値を的確かつ明確に表現するために、グラフィカルなレポートを使用することが可能です。


SightLine Performance Suite



パフォーマンス・モニタリング(1/2)


パフォーマンス・モニタリング詳細
---

パフォーマンス・モニタリング(1/2)

Performance Monitoring(パフォーマンス・モニタリング)

クリティカルなITプロセスのパフォーマンス・モニタリングとキャパシティ・プランニング



近年のビジネス環境では企業や組織において、サプライチェーンなどの企業間を含む大規模ITシステムのパフォーマンス・メトリクスは、ビジネス・クリティカルとミッション・クリティカルなITプロセスをマネジメントするための重要な指標です。

ITシステムを正しくマネジメントするためには、ソフトウェア・アプリケーションから仮想マシン、データベース・サーバー、ネットワーク・サーバー、Webサーバー、ディスク・ストレージ、それらすべてにわたってのKPI(Key Performance Indicators)定義と、そのメトリクスを常にモニタリングする必要があります。 

さらに、これらのメトリクスがどのような関係で相互に影響し変化するのかを十分に把握し、
全ての機能が最適化された協調連携動作しているか、いかにしてボトルネックを防止するか、問題発生時にどの部分をどのように修正しなければならないのかを、十分に理解する必要があります。

これにより企業や組織は、高トランザクション・システムの維持、サポート・サービス・レベルの維持、リスク・マネジメント、コスト・コントロールを行うことができ、高収益を獲得することが可能となります。


SightLine Performance Suite


SightLine™ Performance Suiteでは、ITシステム環境全体のパフォーマンスを可視化することが可能です。
近年のクラウドからオンプレミスさらに仮想環境をまたがる、複雑かつ大規模なITシステム環境では、システム・パフォーマンスやコストコントロールを適切に行うためのインテリジェンスが必要になりました。
SightLine Systemsのエキスパート・エンジアリング・チームによって開発されたこのソリューションは、コンピューティング・インフラストラクチャ(ITシステム環境)全体のパフォーマンス・メトリクスをモニタリングし可視化/レポート/分析を行うことができます。

クラウドからオンプレミスや、仮想環境、ストレージ、ネットワークにいたる、各プラットフォームやノードに渡ってリアルタイムかつ自動的に数千のデータポイントからメトリクスを収集して、長期間のパフォーマンス把握や、トレンド・データの可視化や分析を可能とします。

このことにより、ユーザは、サービス・レベルの維持やITスタッフ作業工数削減等を行うことにより、生産性の向上するITシステム環境の最適化されたマネジメントを行うことができます。


SightLine Performance Suite

パフォーマンス・モニタリング(2/2)


パフォーマンス・モニタリング詳細
---

2015年10月26日月曜日

サイトライン・ユニファイド・モニタリング・ソリューション

サイトライン・ユニファイド・モニタリング・ソリューション(SightLine Unified Monitoring Solution)

ITシステム環境の統合モニタリング


サイトライン・ユニファイド・モニタリング・ソリューション

企業や政府機関の組織が進化拡大するとともに、ITシステム環境もまた高度化/拡大化してゆきます。この状況に正しく適応するためには、 ITチームは正しいデータ分析を行うために、物理/仮想やクラウド環境から、リアルタイムに収集した正確な情報をモニタリングかつ有効活用することが重要となります。
収集(Collect)されたモニタリング情報(メトリクス)は、異なるプラットフォームへのビジネスクリティカルなアプリケーションの移行を支援することに有効活用できます。
適合するIT環境/システム環境のパフォーマンスを最大化し、かつコストを最大限に抑制し、正しいリソースサイズにするために利用することが可能となります。SightLineはその全ての情報を統一された観点/視点(ビュー)で可視化(見える化)を提供しています。
SightLineは、IT環境全体を​​カバーするユニファイド・モニタリング・ソリューションを提供し、顧客のITシステム環境に対して、統一されたビューを、現在、過去、未来にわたり、物理、仮想、クラウド、ストレージ、ネットワーク、ミドルウェア、アプリケーションに関してモニタリングして提供することが可能となります。

コスト・セービング(コスト抑制)


SightLine ForSight Forecast Report


Current Alert Status


現実の課題に着目してみますと、クラウドベンダーや仮想環境提供ベンダーは、高額な費用の使用を事前/事後に知らせるためのE-Mailを送信してくれません。SightLineは、リアルタイムで現在のリソース使用状況と内容を記録するため、自動化(オートメーション)された簡明な使用率レポートを提供することが可能です。またSightLineForSightで現在のリソース使用率に基づいて今後の未来の状況を予測(フォーキャスティング)することができます。このことにより、本質的に問題解決とは関係のない情報に惑わされることなく、正しい情報に基づいたビジネス判断を行うことが可能となります。


ITシステム環境の全体に適応可能


組織や企業でリソースを共有するには、情報通知や障害通知を含んだアラートを迅速かつ的確に、担当責任者やグループに通知することが必要不可欠です。問題点をマネジメントが見るべきエンタプライズのビューから担当現場レベルのオペレーション・ビューまでおいて、迅速かつ的確に特定することができます。SightLineは関連するチームや担当者に、正確な情報をリアルタイム通知する様々なオプションを提供します。さらに、SightLineは容易に3rdパーティ製のツールと連携することが可能で、既存のヘルプ・デスク・フレームワークと統合することができます。

システム・マイグレーションへの迅速な対応可能

システム・マイグレーションの決定が迅速かつ的確に行うことが可能となります。クラウド環境や仮想環境、プラットフォームへのリソース増強へ、ビジネス・クリティカルなアプリケーションを移行する場合、新しいハードウェアや別のプラットフォームでもパフォーマンスによるビジネスへの影響が無いことを確認する必要があります。
SightLineプロダクトはレガシー・プラットフォーム、オープン・システム、または仮想およびクラウド環境上で使用することができるため、リソース使用率とパフォーマンスレベルを検証し、ビジネス要件に影響が無いことを確認するために本番環境とテスト環境からのデータを迅速かつ的確に比較/評価することができます。

根本問題分析(RCA)の重要性

Clairvor(Auto RCA)

SightLineは、自動化されたルート・コーズ・アナリシス(Auto RCA)のためにClairvor提供しています。Clairvorは、ITシステム環境全体に対して根本問題分析をビジネス要件に従った限られた時間内で行うことが可能となり、ビジネスの機会損失を防ぎます。
アプリケーションが、クラウドとオンプレミスや、複数プラットフォームを横断した様々なリソースを使用して稼働している場合には、現象と問題を分析するために数時間から数日かかることがあります。Clairvorならアラートがトリガーされると直ちに適切な管理者/担当者/チームに状況を通知し、ITシステムの構成変更やクラウド/オンプレミス/大規模仮想環境内の何処にどのような現象と問題が発生しているかの詳細レポートを提供することが可能です。
システム・ダウンやダウンタイムによる、ITシステムの問題発生を防止することによりビジネスを遅延/停止することなく、コストを削減し、ビジネスを最適化することが可能となります。
SightLine EDMは、ユーザーによる固定化されたアラート設定のみならず、標準偏差、変動率、シミュレーションによるプロアクティブなアラートによる予兆検知を実現する高度なアラートシステムを提供します。アラート発生時には、E-MailやSNMP Trapによるアラート通知や、他システムとの連携機能により、より高次元なビジネスシステムとの統合が可能となります。

セキュリティ・コンプライアンスへの対応


政府機関やセキュリティ関連組織が提供しているセキュリティ・ベスト・プラクティスが守られている事を常にモニタリングして確認することが重要です。
サイバー・テロによりサイバー攻撃は日々、ビジネスや政府機関のITシステム環境へサイバー攻撃を行います。これを防御するためには、まず、セキュリティ・ベスト・プラクティスが定める基準が守らているのか継続的にモニタリングして確認する必要があります。
また、ITシステムが脆弱性が存在する環境であることの脅威から保護出来ている事も確認する必要があります。
SightLine ACEは、ITシステム環境内の全ての監査および脅威へのアラートを検出するために継続的なセキュリティ・コンプライアンス・モニタリングを提供し、サイバーセキュリティ対策を行っている全ての状況を確認することが可能です。


サイトライン・ユニファイド・モニタリング・ソリューション詳細

---