2015年10月27日火曜日

パフォーマンス・モニタリング(1/2)

Performance Monitoring(パフォーマンス・モニタリング)

クリティカルなITプロセスのパフォーマンス・モニタリングとキャパシティ・プランニング



近年のビジネス環境では企業や組織において、サプライチェーンなどの企業間を含む大規模ITシステムのパフォーマンス・メトリクスは、ビジネス・クリティカルとミッション・クリティカルなITプロセスをマネジメントするための重要な指標です。

ITシステムを正しくマネジメントするためには、ソフトウェア・アプリケーションから仮想マシン、データベース・サーバー、ネットワーク・サーバー、Webサーバー、ディスク・ストレージ、それらすべてにわたってのKPI(Key Performance Indicators)定義と、そのメトリクスを常にモニタリングする必要があります。 

さらに、これらのメトリクスがどのような関係で相互に影響し変化するのかを十分に把握し、
全ての機能が最適化された協調連携動作しているか、いかにしてボトルネックを防止するか、問題発生時にどの部分をどのように修正しなければならないのかを、十分に理解する必要があります。

これにより企業や組織は、高トランザクション・システムの維持、サポート・サービス・レベルの維持、リスク・マネジメント、コスト・コントロールを行うことができ、高収益を獲得することが可能となります。


SightLine Performance Suite


SightLine™ Performance Suiteでは、ITシステム環境全体のパフォーマンスを可視化することが可能です。
近年のクラウドからオンプレミスさらに仮想環境をまたがる、複雑かつ大規模なITシステム環境では、システム・パフォーマンスやコストコントロールを適切に行うためのインテリジェンスが必要になりました。
SightLine Systemsのエキスパート・エンジアリング・チームによって開発されたこのソリューションは、コンピューティング・インフラストラクチャ(ITシステム環境)全体のパフォーマンス・メトリクスをモニタリングし可視化/レポート/分析を行うことができます。

クラウドからオンプレミスや、仮想環境、ストレージ、ネットワークにいたる、各プラットフォームやノードに渡ってリアルタイムかつ自動的に数千のデータポイントからメトリクスを収集して、長期間のパフォーマンス把握や、トレンド・データの可視化や分析を可能とします。

このことにより、ユーザは、サービス・レベルの維持やITスタッフ作業工数削減等を行うことにより、生産性の向上するITシステム環境の最適化されたマネジメントを行うことができます。


SightLine Performance Suite

パフォーマンス・モニタリング(2/2)


パフォーマンス・モニタリング詳細
---