2015年11月20日金曜日

キャパシティ・プランニングの自動化

キャパシティプランニングの自動化(Automated Capacity Planning)(Auto CP)


企業の経営者およびITシステムに関して責任のあるエグゼクティブは、ビジネス継続性を阻害するシステム障害を回避するために、ITシステム基盤の現状と将来のキャパシティを定期的かつ継続的に分析し、収集された正しい情報に基づいてITリソースの購買決定を行う必要があります。
さらにBasel IIIおよびSOX(Sarbanes-Oxley)などのリスク・マネジメントのガイドラインにより要求されるコンプライアンスの目標を達成するために、定期的にキャパシティ・レポートを作成する必要があるでしょう。

キャパシティ分析は複雑で工数のかかる作業となり、技術的、統計的な両方のスキルを持つアナリストのチームを必要とします。キャパシティ分析を行うためには、様々な作業が必要です。

  • 現在のキャパシティをレビューしキャパシティ問題を特定
  • 数千のサーバからデータを収集/蓄積
  • 過去データに基づいてキャパシティ予測
  • 将来のキャパシティの問題を特定

手作業によるキャパシティ分析はコストがかかり、再現可能なプロセス定義は容易ではありません。
では、コスト削減や一貫性、再現性、キャパシティ・プランニング・プロセスを確保しつつ、目標を達成するにはどうすればよいでしょうか?

SightLine ForSightは、IT予測プロセス(IT forecasting process)を自動化(オートメーション)し、計画に必要なリソースを削減することが可能です。ForSightは完全に自動化(オートメーション)されたキャパシティ・プランニングのプロセスへ、未計画な状態もしくはアドホック・プランから、即座に組織化された計画的なプロセス定義へと変換することが可能です。


Basel III解説
SOX(Sarbanes-Oxley)解説



Capacity Planning Process

SightLine ForSightメリット


SightLine ForSight を使用することで、様々なメリットを得ることが可能です。
  • キャパシティ・プランニングやレポート作成のコスト削減
  • 再現性かつ自動化(オートメーション)されたキャパシティ・プランニング・プロセス
  • 将来のキャパシティの問題を早期に警告し、積極的なリスク・マネジメントが可能
  • 正確な情報に基づいたITリソースの購買決定を行うことが可能

SightLine ForSight詳細


---