2015年11月8日日曜日

米国連邦政府向けサイトライン・モニタリング・ソリューション(2/2)

米国連邦政府向けサイトライン・モニタリング・ソリューション(SightLine Monitoring Solution for Federal Government)


連邦政府機関のミッション・ゴールを実現するためのSightLineアプローチ


モニタリング(Monitoring)


  政府機関におけるITシステム基盤のハードウェア、OSプラットフォーム、仮想環境に対して、継続的なモニタリングとインテリジェントなアラート機能を使用し、パフォーマンスと可用性を向上させながら、ITシステム全体の稼働状況をモニタリングします。
  SightLineは、DISA STIG、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、ISO、HIPAA、CISなどのコンプライアンス・フレームワークとの相互運用を備え、オンプレミスからクラウドにわたるITシステム基盤内の任意のデバイスで、動的リスク評価することが可能な、PCI Continuous Compliance Certificationを授与された最初のソリューションです。




分析(Analyze)


リアルタイムに過去のパフォーマンスデータからパフォーマンスを予測分析して、収集データに意味と関連付けを付与することができます。
SightLineの自動化(オートメーション)された根本問題分析(ルート・コーズ・アナリシス)、相関分析機能やパフォーマンスデータ収集機能は、ITシステムをマネジメントしているチームに、効果的なパフォーマンスとSLAコンプライアンスを測定するための強力なツールを提供します。
今日の連邦政府のITシステムへのニーズに対応するために、SightLineはクラウド・マイグレーション、クラウド・オペレーション・サポート、総合レポート作成などのビジネス分析サービスや統計情報に基づいたビジネス・インテリジェンスを提供し、政府機関のITシステム運用を最適化させます。


 支援(Help&Support)


ITシステム環境の構成変更アラートは、ITチームへ危険度や脅威の変化をリアルタイムに通知します。
SightLineの提供するレポート、チャート、ヒートマップやアラート等の様々な情報は、IT運用チームに対する詳細な改善提案からエグゼクティブ・レベルに対するマネジメント・ダッシュ ボードのトレンドチャートまで、組織のあらゆるレベルへ有効活用するために最適にカスタマイズすることができます。
さらに、SightLineは、ITシステムがFIPS, NIST SP800-53、IAVMやDISA STIGを含む数百のセキュリティ標準に対応するためのアセスメント、改善、修復の自動化(オートメーション)を提供することが可能です。


DISA(アメリカ国防情報システム局)
DISA STIG



なぜSightLineか


顧客



GSA(General Services Administration: 米国連邦調達庁)
http://www.gsa.gov







HUD(United States Department of Housing and Urban Development: 米国住宅都市開発省)
http://portal.hud.gov/hudportal/HUD







DISA(Defense Information System Agency: 米国国防情報システム局)
http://www.disa.mil/






MA USA(Massachusette: マサチューセッツ州)
http://www.mass.gov/portal/







NY USA(New York: ニューヨーク州)
http://www.ny.gov/

PA USA(Pennsylvania: ペンシルべニア州)
http://www.pa.gov/






VA USA(Virginia: バージニア州)
http://www.virginia.gov/







FL USA(City Of Jacksonville, Florida: フロリダ州、ジャクソンビル市)
http://www.coj.net/






---